FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29年事例1 分析③ 戦略メリットとは

事例1問3は、戦略メリットは具体的には何かを明確に解答に盛り込んだかが
勝負の分かれ目です。試験委員はメリットに戦略という言葉をわざわざ追加して
設問に記していることから、戦略という言葉に試験委員のメッセージが相当込められている
と判断してよいでしょう。
戦略という言葉から、全体戦略上のメリットを答えることが求められているはずです。
全体戦略で一番重要なことは、当然、首都圏への進出、全国展開ですから、
首都圏への進出、全国展開を進めるにあたってどのようなメリットがあるかを答える必要が
あるでしょう。解答の骨子は「全国展開を進める上でメリットがあった。具体的には①~、
②~である。」でよいと思います。
具体的な内容については与件に参考箇所がはっきりとありますから、わかりやすいですね。
①現状は手狭ですから、工場団地移転のメリットは広い工場を確保できること、②国際標準規格
である HACCP(ハサップ)という言葉から、安全な製品を安定的に供給できること、をメリットとして
挙げて良いのではないかと考えます。売上8億を30億に増加させるというかなり挑戦的な経営目標
を実現するためには、量的な拡大はもちろんですし安定的な供給というのは重要な要素ですから
メリットは上記二つで間違いないはずです。
あとは、地元の企業との連携ができるというのもメリットかもしれませんが、急激な量的拡大という目標
に沿うメリットは想起できないことからちょっと違うかと思っています。
以上により、下記の解答を作成しました。
全国展開を進める上でメリットがあった。具体的には①工場団地移転により広い工場を確保でき
生産力を拡充することができ、②HACCP(ハサップ)取得により全国市場に向け安全安心な供
給体制を構築できた。

この問題では、全国市場に向けて、製造面での課題は克服できていることを示唆しています。
で、次の設問4を見ると、全国市場に向けてのリスク、つまり経営課題が問われています。
次の設問4では、設問3で解決した製造面以外、が問われていると仮説を立てることは重要です。
製造面以外ですから、営業面の課題を想起できたかが設問4を解く上で鍵を握っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
プロフィール

りっちー

Author:りっちー
30代前半のサラリーマン&中小企業診断士です。

中小企業支援や中小企業診断士試験のことを中心に綴っていきます。


にほんブログ村

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。