FC2ブログ

事例4分析① 独断で合格ラインを推測

今年の事例4は、易しくなった昨年よりも更に易しくなりました。多くの方がまさかここまで易しくなるとはと思われている
のではないでしょうか。
試験直前にしていた予想では、昨年よりはやや難でしたので予想は外れたと言えるのですが、
「難しい事例1~3で勝負させて、事例4では最低限財務がわかる人を選抜したい」という狙い、
があったと考えるのは妥当性があったとみています。

巷では8割ぐらいとれてて当然と言われていますが、易しいから厳しく機械的に採点されたとしても普通に8割ぐらい取れるのか
検討していきます。

第1問
設問1
各指標 数値を合わせて3点 数値間違いで0点
3点×3=9点
収益性は売上高総利益率か売上高経常利益率のどちらか
効率性は有形固定資産回転率の一択
安全性については、何が正解かはっきりしません。個人的には、短期借入金はつなぎ資金で価格が確定したら長期借入金で借換えすると考えられるため、短期借入金の多さはひっかけ、単純に負債が多いことが問題点なので負債比率又は自己資本比率が正解かと推測しています。

以上、いろいろ疑問点はありますが、2問は合わせている方がほとんどでしょうから
3点×2=6点が合格ライン。

設問2 
16点
与件の言葉を使って妥当な理由が書けていなければ加点されないでしょう。
正解は、①創作料理屋の業績不振②高価格の土地の未利用③短期借入依存で土地取得
でしょう。この3点をしっかり書けた人は意外と少ないと思われるので16点中10点ぐらいが合格ライン。

第2問
設問1 10点
小計と合計が各2点、その他は1点×6
8割以上が全問正解でしょうから10点が合格ライン。

設問2
①各問2点×6=12点
全問正解している人はやや少ないという印象ですが、ここは勝負の分かれ目。全問正解で12点が合格ライン。
②13点
ほとんどの人ができていないため0点でも合格ライン。

第3問
ほぼ全ての人が正解しているため15点が合格ライン。

第4問
設問1 12点
ほとんどの人ができたと思っているでしょうが、
正解は、収益面:①営業時間外の予約受付②ネット広告、費用面:③システム料金④予約管理費
でこれら4要素を全て記載している人はあまりいないのではないでしょうか。でも3つ書いている人は多いので各要素3点×4=12点を満点とし3つ書いて9点が合格ライン。

設問2 13点
全問正解している人はやや少ないという印象ですが、ここは勝負の分かれ目。全問正解で13点(点数の内訳は、①と③が4点、②が少し計算が多いので5点)が合格ライン。

以上、各問題の合格ラインを足し合わせると75点という切りのいい数値に。
75点以上が4割ぐらいいるんじゃないかなという感じですかね。
ハイスコアの戦いとなりましたね。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

売上高総利益率か売上高経常利益率のどちらが正しいとお考えですか?

No title

利息をどう捉えるかどうかでしょうね。
利息の増加が問題点なら経常でしょう。
個人的にはD社は利益水準が高く、利息がそれ程
問題点とは考えられないから、経常にするのはどうかなと
思っています。でも、無難なのでは経常ですかね。
最新記事
プロフィール

りっちー

Author:りっちー
30代前半のサラリーマン&中小企業診断士です。

中小企業支援や中小企業診断士試験のことを中心に綴っていきます。


にほんブログ村

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
カテゴリ