FC2ブログ

案外難しい今年の事例4 

簡単とみなされている今年の事例4ですが、案外Aをとれている受験生はそれ程多くないのではないかと予想しています。
とういのうは、皆がある程度できているから、下駄はかせはもちろん正解とは少し離れていていても妥当性があるから得点を与えるという採点は行われないと考えられるからです。果たして、素点でしかも試験委員が考えた唯一の正解のみに点が付与されたとしたらどれくらいの人が60点以上獲得できるでしょうか。

第1問 この問題は、技術力による収益性の高さ、X社依存による売上債権回収期間の長さがポイントです。
 (設問1)多くの方がなんとなくできていると思っているでしょうが、試験委員が考えた唯一の正解は売上高総利益率、
売上債権回転率、当座比率(又は流動比率)だと思います。三つとも挙げている方は案外少ないのではないでしょうか。
特に売上債権回転率は。
(設問2)技術力の高さによる収益性の高さはほとんどの人が答えられていると思います。しかし、財政状態はX社への売上依存度の高さによる売上債権回収期間の長さ、そのため運転資金不足を短期借入で賄っていることをしっかりした因果関係で書けた人はかなり少ないような気がします。

以上をまとめると、問1問は28点中半分の14点ぐらいとれていれば優秀な方ではないでしょうか。

第2問 この問題は確かにに平易であり、34点満点とれている方も多いと思います。

第3問 この問題は、時間内で正確に計算するのは難しいし、あまり知られていない投資の流動性が出てきましたからほとんど点をとれていない人も少なくないでしょう。

第4問 多くの方がなんとなくできていると思っているでしょうが、おそらく一つの解答要素のみ書いている人が大部分だと思います。しかし、設問1,2とも二つの解答要素が求められていると考えます。
(設問1) 経営の不安定化、売上債権回収の取引先依存
(設問2) これまでとは異なる需要動向、X社依存からの脱却
それぞれ一つ合っている人はかなり多いでしょうがどちらも2つの解答要素を書けている人は少ないように思いますから、12点中の8点ぐらいが平均点でしょうか。

以上をまとめると、第1問14点 第2問30点 第3問10点 第4問9点の合計63点ぐらいが上位30%、つまり合格圏内といえるのではないでしょうか。受験生の実力を的確に測るにはもってこいの良問であったと思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
プロフィール

りっちー

Author:りっちー
30代前半のサラリーマン&中小企業診断士です。

中小企業支援や中小企業診断士試験のことを中心に綴っていきます。


にほんブログ村

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
カテゴリ