FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ABCD評価をみての感想、というか反省

2016年の診断士試験2次試験も合格発表が終わり、再起を図る人は2017年試験に向けて決意を新たにされているところでしょう。試験ブログを見ていても2016年の試験ネタを書いているものはほとんどありませんが、再現答案ごとのABCD評価がわかるようになり、得点開示の結果も返却され始めた今こそが2016年の2次試験を振り返る良い機会だと思います。
 とういうことで、今回はABCD評価をみての感想、というか反省を書いていきたいと思います。

①事例4の採点はどのような形でされたのか。
難易度としては、かつてないほどの易問であったため、多くの人がA評価をとるだろうと予想していましたが、ふたを開けてみ
ればC,D評価をとってしまった人が非常に多い印象です。僕の予想は完全に外れてしまいました。機械的に容赦なく採点された結果なのでしょうが、ちょっとミスがあったがどうみても60点ぐらいとれてる人がC評価となっている有様。事例4の採点はどのような形でされたのでしょうか。
  仮説として以下を考えてみました。
  ①文章問題が非常に厳しくされたので、ある程度の点をとれているというような答案でも0点となった。
  ②計算問題の計算過程も非常に厳しく採点されたので数字があっていても下手すれば0点となった。
  ③全員一律8掛けの得点にされた。→これはかなりの高得点をとっているいた人がいるようなので否定。
  ④TOEICのように、統計的処理がなされた後の点数が出された。

①、②のついては、ある程度妥当性があるのではないでしょうか。そうでなければここまで低い得点になるはずがありません。
④についても、可能性を捨て切れません。皆が取れている問題を落としてしまった人は軒並みB以下になっている印象ですが、統計的処理、つまり偏差値的な得点が出された場合、そうなっても不思議はないからです。 

②事例3はソース派の完敗か。
事例3のラストはカット野菜を書いた人がソースを書いた人に比べ明らかに評価が高いことから、ソース派は完敗したといってもよいのではないでしょうか。自分は両方とも書くのがベストだが、したり顔でソースこそが試験委員の求めている解答であるとブログで書いていたので恥ずかしいかぎりです。とはいっても、ソースを書いた人のほうが、C社の根本的問題である通年取引が出来ない点をよく踏まえて長期的な視点で考察していたように思いますし、出題の趣旨には「C社の顧客動向など外部環境を把握し、今後野菜加工事業を強化して収益拡大を図るために必要な戦略ついて~」と野菜加工事業の強化が試験委員の求めていることなら、ソース事業の方が加工の要素は強いですので、カットが正解であることに納得しがたい点も多いんですが。 
  
   ちなみに自分が考えた解答は以下のとおりです。
  
まず、カット野菜事業を行う。理由は、需要が増大しており新鮮さを活かせ、また既存製造工程を活用できるから。次に、ソース乾燥野菜事業を行う。理由は、高付加価値で収益向上、長期保存可能で計画的な生産ができるので、通年取引が実現できるから、対応策は、衛生管理の徹底と営業専任部署設置でニーズに合致した製品開発である。

やっぱり、どちらもやって収益拡大していこうというのがベストなような気がするのですが。試験委員の見解はどうなんでしょう   か。気になりますが、永遠にわからないのが診断士試験でからね。
   
スポンサーサイト
最新記事
プロフィール

りっちー

Author:りっちー
30代前半のサラリーマン&中小企業診断士です。

中小企業支援や中小企業診断士試験のことを中心に綴っていきます。


にほんブログ村

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。