スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2次試験対策のアドバイスを聞く上での留意点

中小企業診断士の2次試験は他の資格試験とは違い唯一の正解がないため、「何を解答すれば
合格できるのか。」や「合格点を確保する得策はあるのか。」等等、様々な悩みを持つ受験生は多いと思います。
そして悩める受験生に対して、アドバイスしたがる合格者もとても多い。自分もそれの典型例ですが。

今回の記事で僕がアドバイスしたいのは、「巷で言われるアドバイスは要注意。」ということです。

①「実際に社長に経営改善提案をしているつもりで解答を書く。」と②「与件に素直に書く。」はよく言われることで、もちろん
合格する上でとても重要な心構えだと思います。しかしながら、真に受けすぎると合格から遠ざかってしまうリスクをはらんでいると
思います。

①「実際に社長に経営改善提案をしているつもりで解答を書く」
決して間違っていないのですが、それなら、なぜ、制約条件だらけで問われていることが曖昧な設問ばかり出てくるのでしょうか。
それは、「試験委員が望んでいる経営改善提案を類推して解答を書かないと合格できない。」というメッセージだと思います。
この試験は社長では無く、試験委員、つまり中小企業診断協会が意図する経営改善提案をできるかどうかが問われているとみなした方が無難です。ですから、社長のためを思って熱くなって解答を書いてしまうとその点を忘れてしまい大きく合格答案からそれてしまうリスクが高まるでしょう。試験委員という上司と一緒に社長に経営改善提案をしているという心構えで試験に臨まれたら良いのではないかと考えています。

②「与件に素直に書く」
これもきわめて重要で、与件に素直にならないと絶対合格はできないはずです。しかしながら、与件に素直になりすぎて、与件の中のささいな部分にこだわって方向性を大きく間違えてしまうことや与件コピペで解答作成して意味がわからない解答文になってしまう方も多いのではないでしょうか。後者については、少し前の2次試験なら与件コピペでも合格答案が作れましたが、最近の試験ではほぼ無理です。
要は、与件の中から重要な部分をつかみ、それを活用して解答していくことが求められているのです。そのためには、中小企業診断士としてのフレームワークで与件を分析していくことが必要です。合格者は中小企業診断士としてのフレームワークが出来上がっているから「素直にやればできるよ。」と語ってくるのですが、中小企業診断士としてのフレームワークが身についてない受験生は決して真に受けてはいけないと考えています。

いずれにしろ受験生は、合格者からの様々なアドバイスを自分なりに解釈して自分なりの解答手法を身につけていくべきです。
試行錯誤して自分なりの手法を身につける方こそが合格を勝ち取ることができるのです。


スポンサーサイト

今年の経営情報を解いてみた結果

難しくなった今年の1次試験でも特に物議をかもし出しているのが経営情報です。
「テキストの内容では到底対応できず、努力が報われない出題してよいのか」、
「これからどうやって対応したらよいのか」
という声が殺到しています。

実際、どれくらい難しいのかを体験するためにやってみたところ、
52点とまあまあの点数を取れました。そして、経営情報の出題者の意図がわかったような気がしますね。
おそらく出題者は、「ITに詳しい人が高得点をとって経営情報だけで合格してほしくないが、ITの素人でも粘り強く解いて足切りだけは回避して生き残ってほしい。」と考えているのではないかと見ています。

僕も経営情報については、ド素人で試験から2年以上たっているので知識も全然ない状態ですが、なんとか最低限の点数はとれました。知識は無くても、以下の方針で選択肢を吟味した結果、なんとか正解をかぎ分けることができた問題がありました。
①設問の意図に忠実である選択肢を選ぶ。
②常識的にみて間違いではないといえる選択肢を選ぶ。
③時事的なことを念頭において選択肢を選ぶ。

①→第7問で通用しました。設問の意図は「広告、公示の魅力を上げる。」ですから、「繰り返しWEBページを閲覧」のウが正解かなと推測しましたら、合っていました。第14問でも同じように設問に「つながる仕組み」との記載があったので、「相互に接続する」のアが正解かなと推測したら合っていました。

②→第22問で通用しました。正解はア。情報処理推進機構がクラウドの安全利用の手引きを出すのは当然でしょう。

③→第13問で通用しました。正解はエ。個人番号カードは住所が変わっても有効であるのは実体験から当然であることは誰でもわかることではないでしょうか。

以上、若干、運が良かった面もありましたが、知識がなくても、設問を粘り強く読めば正解にたどりつけることを改めて実感しました。

こんな感じで難しくてもなんとか50点ぐらい取って、その他の科目の貯金で合格するという方針で臨まれたらいかがでしょう。
難化に合わせてマニアックな知識の学習に走るとド壺にはまると思いますがね。



1次試験の科目免除の方針

前回、「今年科目合格で総合不合格の人は来年、合格科目の免除というせこいことはせず、できれば7科目受験しましょう。」
とお伝えしました。しかしながら、合格科目の免除をやらない方が良いと言っているのではありません。あくまでケースバイケースです。
今回は、科目免除の方針についての自分の考えを示します。
ケースごとに考えていきましょう。
①合格した科目は得意科目で学習の負担がかからず、難しい年でも60点以上とれる自信がある。
 絶対に免除してはいけません。来年も努力しなくても得点源になるはずです。
②合格した科目は得意科目だが合格できるかは五分五分という感じだった。でも合格できた。
 免除するか否か迷われるかもしれませんが、得意科目ですから学習の負担はそれ程重くないはず。
 学習して得点源にしていきましょう。免除しない方向で。
③合格した科目は苦手科目だが、今年は簡単だったので合格できた。
 この科目の勉強が負担になって他の科目の勉強に支障がでるようなら、科目免除すべきです。
④合格した科目は苦手科目で、今年は難しかったのに合格できた。
 本当にラッキーで合格できただけだと思うなら、科目免除すべきですが、実は食わず嫌いで苦手になってるだけかも
 しれません。来年は今年より簡単になることも予想されるので科目免除しないことも検討すべきでしょう。
 
①~④のなかで特に強調したいのは②のケースです。科目合格を積み重ねているのになかなか合格出来ない人は②
のケースで科目免除してしまうことが多いのではないでしょうか。
得意科目と自覚するなら、学習も楽しくできるはずですし努力して実力を高めていけたら得点源にできるはずです。ぜひ学習を続けましょう。

一次試験終了 リスク分散が合格の鍵をにぎる

今年の一次試験は運営、法務、情報あたりが難しくて努力が報われなかった人が多いようですね。
一方、今年は難化するかと思われていた経済、財務はやさしかったようで。

要するに、ますます対策がたてにくくなってきたということでしょうか?

でもそうとも限りません。一つ言えることはリスク分散してなんとかして合格点6割をもぎとることがますます大事になってきたということでしょう。

どの科目がやさしくなったり難しくなったりするかがわからなくなってきたということですから、
7科目全てあきらめることなく420点をどうにかこうにか取るという作戦で臨まれた方は不運に陥らずに成功された方は多いのではないか
とみています。

今年不運にも難しかった科目ばかりの受験で失敗されたかたは、来年は合格科目の免除などというせこいことは考えず、リスク分散の観点からできるかぎり多くの科目、できれば全7科目を受験されてはいかがでしょう。

1次試験はリスク分散できる人間かどうかを試しているような気がしてなりません。
最新記事
プロフィール

りっちー

Author:りっちー
30代前半のサラリーマン&中小企業診断士です。

中小企業支援や中小企業診断士試験のことを中心に綴っていきます。


にほんブログ村

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。