FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一次試験の裏技 


 今まで、2次試験のことばっかり書いてきましたが、今日は1次試験のことについて書きます。

 今の時期、1次試験に向けて熱心に真面目に勉強されている方には失礼な言い方になるかもしれませんが、

 残念ながら、1次試験は真面目にやってももちろん合格できますが、ちょっと気を抜いて要領よくやった方が合格

 できやすい試験です。なぜなら、真面目にやってしまうとついついどんな問題でも解かなくてはいけないという気持にとらわれて

 足をすくわれてしまう可能性が高まるからです。

 で、自分の考える一次試験で一番大切なことは、ずばりマークシートであることを意識する、ということです。

 マークシートの試験は筆記と違い、やまかんでも正解になることもあれば、頭の中では完璧にわかっていたとしても

 選択肢の文章にひっかかって誤答を選んでしまうこともあるという実力をスコアに正確に反映できにくい試験です。

 このような試験で要領よく結果を出すためには、わからないことでも選択肢の文章から正解をかぎ分けるようにすること

及び頭の中でわかっている問題は選択肢の文章に惑わされずに確実に正解を選ぶことが最も重要なのではないでしょうか。

そのために選択肢の文章を読む裏技ともいえるテクニックを知っておくことは有用なはずです。

 三日で合格!誰も書けなかった公務員試験マル秘裏ワザ大全―国家1種・2種/地方上級・中級用

このあたりの本を読んでみてはいかがでしょうか?もちろん、裏技だけで合格できることは絶対にないですが、選択肢の文章を吟味する力の有無によって、2-3問、つまり10点ぐらいは変わってくるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

最新中小企業白書から今年の事例企業を予想してみた

2016年度の中小企業白書が発表されました。
ざっと読んでみた印象としては「稼ぐ力」をやたら使用している点については気になりましたが
特段目新しい内容はなく従前の内容を踏襲した内容となっています
ポイントのメモを記載しようかと思いましたが、あまり面白い記事になりそうにないので、もし、2次の出題者が2016年度の中小企業白書から事例を作成したとしたら、どのような事例企業が出てくるのかを予想してみました。

事例1 新事業展開においてリスクマネジメント体制を構築する企業【第二部 第4章参照】

事例2 インバウンド需要を取り込むサービス業(データ活用により外国人消費分析を行う問題あり)【第二部 第3章参照】

事例3 技術コンサルティング事業の強化により親企業への依存度を下げていく企業【第二部 第3章 事 例 2-3-7参照】

事例4 労働生産性を向上させていく企業(労働生産性を求める計算問題が遂に出題される!)【第一部 第3章参照】

最新記事
プロフィール

りっちー

Author:りっちー
30代前半のサラリーマン&中小企業診断士です。

中小企業支援や中小企業診断士試験のことを中心に綴っていきます。


にほんブログ村

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。